ホーム > 妊娠中の検査について

妊娠中の検査について

妊娠中の予防歯科

妊娠初期には、気持ちが不安定になりがちです。
また、女性ホルモンの急激な変化で、疲れやすくなったり、身体がだるく感じることがあります。
味覚や嗅覚が変化したり、つわりが出たりなどで、歯みがきをすることが苦痛に感じる人もいるようです。そのために、むし歯や歯肉炎に罹りやすくなります。歯みがきがつらいときでも、ブクブクうがいなどを実行しましょう。洗口剤(うがい薬)の使用も有効です。
5~7ヶ月の妊娠中期は、つわりもおさまる頃ですから、お口の清掃を本格的に再開できます。
また、歯科受診に適している時期です。健診と口腔衛生指導を受けましょう。
歯科医師、歯科衛生士に相談し、各自にあった清掃方法の指導をしてもらいましょう。
 

妊婦さんの治療

基本的に妊娠中だから歯科治療を出来ないなどということはございません。むし歯や歯周病治療など,治療が必要であれば,今まで通りに治療をすることをオススメします。
妊娠中期(5ヶ月~8ヶ月)はインプラントなどの過度な負担の掛かる治療も問題なくできます。妊娠初期2~3ヶ月間は非常に流産しやすい期間なので過度に緊張したり,長時間にかかる治療はなるべくさける様にして下さい。そういう場合はまず,応急処置だけで留めておき、妊娠4~7ヶ月の安定期に入ってから治療を受けるをお勧めします。妊娠の初期と後期は応急処置の簡単な治療のみにして下さい。
 
クレジットカード
アクセス


大きな地図で見る■所在地
〒224-0041
神奈川県横浜市都筑区仲町台2-1-5
■最寄り駅
横浜市営地下鉄 仲町台駅
徒歩5分
■営業時間
・月~金
10:00~13:00 14:30~20:00
・土
10:00~13:00 14:30~17:00
■休診日
日・祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら

新着情報

一覧を見る

2014/08/19

テスト